スタッフ紹介

田中 晃
心理カウンセラー

 

代表・心理カウンセラー

田中 晃(たなか あきら)

産業カウンセラー No.07020841

NLPプラクティショナー

 

「意味はわかるけど納得できない」そんな経験ありませんか?皆さんは、そんな時どんなふうに考えたり思ったりしていますか?

 

意味がわかる自分と、納得できない自分はまるで別人のようです。心理学者は意味がわかっている部分を「意識」、納得できない気持ちに隠された意図を「無意識」と呼びます。

 

実は、心理的な問題は、私たちの心の内面のコミュニケーションと関係あるのです。

 

 

「心理的な問題解決のヒントは、クライエントの中にある。」私たち心理カウンセラーはそのことをよく知っています。ですから、クライエントのエピソード、言葉、様子、感情などを手がかりに、心の整理を援助をします。もしかすると、無意識になっていた宝物と出会うかもしれません。

 

「安心して今ここの自分と出会える」そんな空間の提供を心がけています。積極的に話を聴き、時には一緒に答えを探しながら、徹底的に支えていきます。

 

[略歴]

 

鹿児島大学大学院理学研究科物理学専攻 物理学修士。

理論物理学を専攻し、カオス力学を応用した脳モデルの研究に参加。学習モデル、想起モデルなど脳の物理モデルの研究に関わり、のち半導体エンジニアとして働く中で、組織心理について大きな問題意識を持つようになる。

産業カウンセラー、NLPプラクティショナーなどを取得し、2010年に心理カウンセリングこころねを開所。実施したカウンセリングは、年間1,000セッションを超える。

鹿児島刑務所での薬物担当カウンセラーや自衛隊の外部カウンセラー、職業訓練校でのキャリアコンサルテーションやコミュニケーション講師を経験。

クライエント中心療法、フォーカシング、現代催眠、認知行動療法、交流分析、行動分析など